トップページ > 低資金で開業するメリット

低資金で開業するメリット

一般的に独立開業をするとなると、まずは十分な開業資金を用意しなければスタートできないと考えられています。この開業資金が少ないために、金融機関から借り入れしようと考えている方もいらっしゃるはずです。しかし、最近では低資金で開業を目指す方が増えています。低資金で開業するということは、低リスクで開業できるということです。低資金で開業するメリット、そして大切なポイントをご紹介します。

低資金開業のメリット

精神的に余裕が持てる

開業当初においては、すぐにお客様が来てくれないことが想定されます。それでも初期投資を極力抑えたことで、精神的にある程度の余裕を持つことができるでしょう。経営がすぐに軌道に乗らなくても不安になることが少ないといえます。

年齢や性別に関係なく開業できる

開業資金が少ないということは、年齢や体力、性別などに関係なく開業できるということです。20代の若い世代から定年後のシニア世代まで幅広い年齢層の方が、憧れの独立開業にチャレンジできるのです。最近ではシニアオーナー様が増えてきています。老後のゆとりある生活を実現するために、低資金で開業するという選択肢はおすすめです。

低資金で開業する際のポイント

競合との差別化を図る

たとえ少ない資金で開業したとしても、お客様からの十分な評価が得られなかった場合、かえって経営のリスクが大きくなってしまう場合があります。競合との差別化を図り、早めに経営を黒字化させることが低資金・低リスク開業の基本です。
現在は、日本全国どのような場所でも競合が周囲に存在していると考えられます。経営・開業に関するノウハウをしっかり身につけ経営基盤を安定させることが、どんな競合が出てきても揺るがない店舗運営の第一歩です。

フランチャイズという選択肢

自力での開業よりも圧倒的に効率的なフランチャイズは、コストとリスクを抑えた開業を可能にします。店舗経営における懸念材料は本部がカバーしますので、安心して経営を続けることができます。開業前・開業後の不安や負担を最小限にするためにも、フランチャイズをご検討頂ければと思います。

銀座パリスでは低資金でのオーナー開業をサポートさせて頂きます。仕入代金不要・在庫リスクゼロ・幅広い買取品目など、安心して独立開業できるサービスが充実しております。


Copyright © 2012-2016 GINZA PARIS All rights reserved.