貴金属や宝石などの買取・宅配買取なら

GINZA PARIS 宅配買取

TEL:03-6304-2416

人類と深い関わりのある金

指輪やネックレスなどのアクセサリーや置物などに用いられる金は、紀元前から人類を魅了してきました。こちらでは、金の歴史について触れてみたいと思います。

金の最古の歴史

現在のイラクやトルコがある地域には、チグリス川とユーフラテス川という2つの川があり、古代ではメソポタミア文明が栄えていましたが、この文明の中心となったのがシュメール人です。シュメール人は、高度な加工技術を使って金を装飾品にしていたと考えられており、最も古くから金を使っていた民族とされています。

古代エジプト

ツタンカーメン王の黄金のマスクはよく知られていますが、古代エジプトでは、権力の象徴として金が使われていました。「神様が王に遣わしたもの」として扱われており、庶民が持つ事は許されず、少々の金でも全て権力者に差し出されていました。

インカ帝国

アンデス山脈に築かれたインカ帝国は、金の採掘によって国家を支えていました。しかし、スペインによって金を奪われ攻め滅ぼされてしまいます。インカ王は、助命嘆願として今の価値で数十億もの金をスペインへ差し出したというエピソードがありますが、このことから、インカ帝国の豊かさが伺えます。

中世ヨーロッパの錬金術

中世のヨーロッパでは、金は銀以上に希少価値が高いものでした。そのため、他の金属から金を作り出す錬金術という技術が生まれました。結果として錬金術によって金を作る事はできませんでしたが、その過程で生まれた副産物や製法は、現代科学に?がるものとなりました。

このように、は古代から人類と深い?がりがあり、現在でも高い価値を持っています。
「貴金属を売りたい」「不要な金製品があって困っている」とお困りなら、銀座パリスの宅配買取を利用してみませんか。銀座パリスの宅配買取では、査定や送料は無料で、24時間いつでも受付可能となっています。実際に宅配買取をご利用されたお客様からは、納得の高額査定だったというお声もいただいております。

 

  • 取扱い商品を見る
  • 買取実績を見る
  • 宅配キットお申込み
  • 無料オンライン査定

ページのトップへもどる